FC2ブログ

この世の果てで 1

 04, 2010 02:14
「どうだ、今年の出来は?」
「あっ!社長、お疲れ様です」
まるで小さなテレビ局のように沢山のモニターが並んでいる。
映し出されている映像は面接会場だった。

「300人は居るのか?」
「そうですね、競争率10倍ってとこでしょうか?」
「履歴書だけで何人落とした?」
「327人です」

細かい数字まで答えるのは、社長秘書の狭山浩輔(さやま こうすけ)31歳だ。
声の主を振り返ってちらっと見たのがここの社長の瀬田凌牙(せた りょうが)33歳

「社長、あなたは300人の面接を全部ご覧になるつもりですか?」
「悪いか?」
「そんな暇があったら、決済書類を1枚でも余分に見て欲しいのですが?」
「まぁそんな固い事言うなよ、年に1度の楽しみなんだから」

回転椅子の背凭れをわざとギシギシ言わせながら揶揄するように狭山を見た。

「さあ、君たちはそれぞれの部屋で面接を始めてくれ」
そう人事担当の社員達に声を掛けると、またモニターに目を向けた。

「じゃ行きましょうか」15人の面接官たちが、割り当てられた5つのグループに分かれた。
300人もの面接をこなさなければならない、1日がかりの行事だった。

「これがコピーです」そう言って300枚の履歴書のコピーを秘書に手渡された。
「そんなのなんか必要ないさ、俺の勘って奴は人並み外れているからな・・」
口角を上げ、ほくそ笑みながら言う社長に向かって。
「まるで野生のライオンが獲物を狙っているみたいですね」

この二人は大学の先輩と後輩だった。
秘書の狭山は、学生時代から瀬田に憧れ、多くの条件の良い会社を蹴って
瀬田に着いて来たのだった。
何をやらかすか全く判らない瀬田と一緒にいると、とにかく面白い。

そんな事をぼんやり思っていた狭山の耳に
「見ーつけた」
まるで鬼ごっこの鬼のような嬉しそうな声が聞こえてきた。





ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

この世の果てで 2

 04, 2010 17:46
「見ーつけた」と言う瀬田の背後に立ち
「どの子ですか?」と聞くと
「286番」一言だけ返って来た。

300人中286番・・・書類審査を勝ち抜いた者の面接番号は
上位から順に付けてあった。
書類審査を優秀な成績で合格した方ではない。

番号の大きい方から5人づつ3人の面接官の前に座っている。
286番の男は今3番面接会場で面接中だった。

「あー286番至急社長室まで」
突然瀬田がマイクを使って指示を出した。
「そ・そんな面接中にあなたは何をやってるんですかっ!」
驚いて咎めるような口調になった狭山に
「ほら、ぼやぼやしてないで部屋に戻るぞ」

瀬田は手に持った300枚のコピーを狭山の胸を軽く叩くように押し付けた。
「いきなり社長室ですか!」
全く何を考えているのか・・・・


自社ビル最上階の社長室の椅子に座り、入り口に背を向け高層階から
見える風景を見ている瀬田の口元はさっきから緩みっぱなしだった。

暫くすると案内の女子社員に連れられて286番の男が社長室の扉の前に立っていた。
連れて来た女子社員は内心何か余程社長の逆鱗に触れるような事を
面接で口にしたのでは?と思っていた。

どうみてもファッション関係のこの会社に相応しい外見ではない。
野暮ったい黒縁の眼鏡に、量販店で購入したような就活スーツ
「まぁ気を落とさないで頑張ってね」
そう言うと社長室の重厚な扉をノックした。

「286番の方をお連れしました」
名前を覚える必要も感じなかったその女子社員は番号で呼び中に声を掛けた。


「入りなさい」

その声に何が何だか判らないまま、その重い扉を開けたのだった。



ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

この世の果てで 3

 05, 2010 03:10
「失礼します。286番の尾崎拓海(おざき たくみ)です。」
「おお来たか、まあ入りたまえ」
気持ち悪いくらいニコニコ顔の瀬田を不思議な物でも見るように尾崎は見ていた。

「あの・・・私どうして此処に呼ばれたのでしょうか?」
何か怒りを買ったのかもしれないと、そう思いながら此処まで来たのに
何故かそんな雰囲気では無い事が逆に不安になってしまう。

「まぁそんなに固い顔をしないで、珈琲でも飲むか?」
そう言うと、内線で「珈琲3つ持って来て」と命じている。

「突っ立ってないで掛けなさい」
高級な物だと一目で判る革張りのソファに座るように勧められた。
「し・・失礼します」
一礼してそのソファに腰を沈めた。

「尾崎君と言ったかな?」
「はい、尾崎拓海です」
「うん、良い名前だ・・・ところで、君は今財布を持ってるか?」
「は・・はい持ってます」

「ちょっと見せてくれないか?」
尾崎はスーツのポケットから2つ折の革の財布を取り出すと
手を伸ばしている社長のその手の平に乗せた。

瀬田の隣に立っていた狭山がその財布を見て僅かに眉を動かした。
「うちの社の製品だね・・・大事に使ってるようだね」
それだけ言うと、その財布を尾崎に返した。

「尾崎君、君採用決定」
「はい?」
今何かとてつも無い事を言われた気がするが、飲み込めないでいた。
「だから、採用決定。内定じゃないよ、採用」

「あの、私はからかわれているのでしょうか?」
面接の途中で突然放送で呼び出され
財布を見せろと言われ、見せたら即採用?
狐に抓まれたような気分だった。

呆気にとられている尾崎を余所に、何か書類にペンを走らせている。
「はい、採用通知、本来なら郵送するんだけど、目の前に居るんだから・・あげる」

「あげる」と言われて差し出されても・・・・
恐る恐る机に近づいてその用紙を受け取ると
きちんと社印も押された正式な物だった。

「あの・・・どうして?」
「不満かな?」
「い・いえ・・でも?」
「君が社の製品を大事に使ってくれてるからと言っても駄目か?」

そう言いながらも、この部屋に入った時と同じように
始終ニコニコしている社長の顔を尾崎は難しい顔で眺めていただけだった。





ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




1話2話と拍手戴きまして、ありがとうございましたっ!




この世の果てで 4

 05, 2010 14:24
「もう下がって良いよ、追って必要書類を送るから記入して持って来て」
「は・はい・・・では失礼します」
まだピンとこない顔の尾崎は言われるがまま立ち上がり、一礼して出て行こうとした。

「あ、最後に一つだけ聞いていいか?」
「はい」
「君がこの会社を受けた理由だが?」

「本当は御社の経営方針が・・と言った方が良いのでしょうが・・
私は人を探しに来ました。」
「・・・そうか、判った。書類の提出準備が出来たら連絡しなさい。
日程を決めよう。」

尾崎は自分の動機を正直に話す事で、もしこの決定が覆っても良いと思ってたのに
いとも簡単にその動機を受け入れられた事にも戸惑いを覚えた。

いったい何がどうなってるのか?


尾崎が退出するとそれまで一言も口を挟まなかった狭山が口を開いた。
「社長、私には全く理解出来ませんが?」
いつも冷静な意見を述べる狭山にしては少々感情の乱れがある言い方だった。

そして履歴書のコピーを引き抜き、
「これが彼の履歴書です。特待生なのに286番・・・」
「見せろ」
狭山からコピーを受け取ると、瀬田は家族構成を一番最初に見た。


だがその欄は空欄だった。

そして保証人の欄も空欄。
これが特待生である尾崎が286番目にしか選ばれなかった理由か?

瀬田はそのコピーを机の上に置くと、又椅子を回転させ
青く澄んだ空を見上げた。
あれから5年近く、尾崎はどんな生き方をしてきたのだろう?






ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


この世の果てで 5

 06, 2010 00:00
拓海は会社のエントランスを抜けてもまだ呆然としていた。
面接の日に突然の採用通知・・・
自分はこの会社にどうしても入社したかったが
多分無理だろうと半分は諦めていた。
面接の案内が届いた時には心底驚いた。
そしてまだチャンスはあると・・・

拓海は高校2年の冬・・・体を売った。

買った男の顔など忘れた・・・というよりも見ないように
覚えないように努めた。
身も心も傷ついたあの日拓海は自分が寝入るなどとは思いもしなかった。
そして朝目覚めた時には自分を買った男の姿は消えていた。

ベッドサイドのテーブルにこの財布とホテルの便箋に書いたメモが残されていた。
『もっと自分を大事にしなさい、世の中そう甘くは無い』

「世の中甘いじゃん・・・」

分厚く膨らんだ財布の中の金を数えると24万円もあった。
男を一晩買うには過分な金額だ。
この多すぎるが半端な金額は、きっとあの男の財布に入っていた全部だと気づいた。

あの時は何故と考えるよりも、とにかく病院に支払う金が必要だった。
17歳の拓海が短期間で高額な金を手に入れる方法は限られていた。

「明日までに10万円用意して下さいね」
会計で念を押されて病院を出てから拓海は頼るあても無く街を彷徨った。
何人かの男に声を掛けられ、そういう方法があるのを知った。

2時間もふらふらした挙句「さっきからずっとそうしてるな」
と声を掛けて来た男に「僕を買って下さい」と勇気を出して声を掛けた。
一瞬驚いた顔をされたのは覚えている。
だけどその後の事はあまり覚えていなった。

なるべく顔を見ないように、ホテルに着いて行った。
拓海に声を掛けてきた中年の男たちに比べたら随分若い男だとは思ったが、
この際そんな事を気にしている余裕は無かった。

「体を売るって事はなぁ、命を売るって事と同じなんだよっ」

そう言いながら、その男は乱暴に拓海を貫いた。
想像以上の痛みと、血の匂いに半ば失神している僕の上で
男はその手を緩める事は無かった。

「これに懲りたら二度と体を売ろうなんて考えない事だな」
薄れいく意識の中でそう聞いたような気がした。


あれから5年・・・拓海はこの財布だけを手がかりにあの男を捜した。





ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



拍手やポチありがとうございます!


この世の果てで 6

 07, 2010 00:00
本当に書類が届いた・・・
採用通知は直接もらったものの、やはりあの状況は普通では信じられるものでは無かった。
数日後に届いた書類を見てやっと本当の事だったと思った。

でもどうして?
バイトと大学とアパート・・・この3つしか最近行っていない。
遊ぶ余裕など無かった。
寝る前の短い時間に集中して勉強をする。

高校の時から習慣になっている。
だから成績だけは良かった。
それ以外何の特技も、裕福な暮らしをさせてくれる親も居なかった。

母子家庭で育った拓海は、20歳の夏に入退院を繰り返していた母を亡くした。
最後まで拓海に詫びながら母は逝った。
「生んでくれてありがとう」
拓海の言葉にやっと微笑みを見せてくれた母だった。

母の入院費を稼ぐ為に一度だけ体を売った。
後悔するとかしないとかの問題では無かった。
そうせざるを得なかったのだ。

拓海は机の上に置いた革の財布を手に取った。
この財布が自分の人生を変えた・・・
この財布のお陰で、体を売ることを繰り返さなくて済んだ。

感謝してるのだろうか?
僕がこの財布の持ち主を探しているのは礼を述べる為ではない。
逢えてどうするのか?と聞かれても答えられない。

ただ言えるのは、探そうとする気持ちが僕を生かしてくれた。
それだけだった・・・

あの日以来この財布をずっと使い続けている。
持っていると気持ちが何故だか落ち着くのだった。
金もいつでも返せるように必死で貯めてあった。

あの会社に入社できれば、何時かは会えるような気がしていた。




「本当に彼を採用するつもりですか?」
「悪いか?俺の勘は外れた事などないぞ」
「どんな勘だか・・・・」
つい狭山が愚痴のような言葉を溜息混じりに吐いた。

だがあの日以来、瀬田の機嫌がすこぶる良いのだけは助かった。
瀬田がこんなに機嫌良く仕事をこなしてくれるのならば
それだけでもあの286番を入社させる意義がありそうなものだ・・・

心の中で狭山がほくそ笑んだ。
「狭山・・機嫌良いな?」
何も知らずに、自分を揶揄する瀬田に苦笑してしまう。


「入社したら勿論秘書課ですか?」
「そうだ、俺が預かる」
「社長がですか?」流石に驚いた声を狭山は上げた。

まさかそこまでとは考えもしなかった。
だが瀬田が預かって一体何を教えようというのだろうか?

「結局自分の傍に置いておきたいって事ですか?」

瀬田は狭山の問い掛けには答える事なく、ただ外の景色を眺めていた。







ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



拍手やポチありがとうございます!

この世の果てで 7

 08, 2010 00:00
拓海は必要な書類を取り寄せ、会社に連絡を入れた翌日にもう一度社長室を訪ねた。

「尾崎さんをお連れしました」女性社員に案内され社長室に入った。
「失礼します、尾崎拓海です」頭を下げる拓海に向かって
「待ってたぞ」という声が掛かった。

『どうして僕などを待っているのだろう?』
平凡で利用価値などない自分を優遇する理由がやはり納得いかなかった。

「ひとつ教えて頂けますか?」
拓海の言葉に口元を緩めながら
「どうぞ、何なりと」と機嫌よく答える社長に向かって

「どうして私を気にかけて下さるのですか?」
「君が気に入ったからでは駄目なのか?」
「私を気に入る時間など無かったはずですが?」
面接の途中で呼び出されたのだ、いつ気に入る暇があるのだろう?

「実はね、君とはずっと以前に一度だけ会った事があるんだよ」
「会った事が・・・?」
拓海には全く覚えが無かった。
自分とこの社長の間に接点があるとは思えなかった。

「私のバイト先かどこかですか?」
拓海はコンビニと居酒屋でバイトの掛け持ちをしていた。
そこに客としてでも来た事があるのだろうか?

「まぁね、そのうち教えてあげるよ、さ、書類を出して」
「はい・・・」
だけどそれもこれで終わりだ。
僕の話を聞いたら・・・きっと不採用だ。


だまって書類に目を通していた瀬田社長が重い口を開いた。
「君の母親は病死か・・・・父親も亡くなってるのか・・病気?」

最後まで言うか迷っていたが、自分へ対しての過剰なまでの評価か興味か?
この社長には本当の事を告白した方がいいような気がした。


「・・・・・父は自殺です。私が10歳の時に獄中で自殺しました」


一瞬この部屋の空気が静寂に包まれた。


「そうか・・・・」

それだけ言葉にすると、社長は拓海に背中を向け、窓の外を眺めていた。






ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



多くの拍手やポチ本当にありがとうございます!
凄く嬉しいです。



この世の果てで 8

 09, 2010 00:00
拓海は瀬田社長に背中を向けられた事で
内心『やっぱり・・』と思っていた。
こんな話を聞いたら採用しようとは思わないだろう。

暫く沈黙が続いたあと、椅子を回転させ振り返った瀬田が口を開いた
「何故そんな事を話した?」
そうだ、黙っていれば判らない事をわざわざ話したのだ。

「社長がどうして私を早々に採用と決められた真意が判らないからです」
「今はまだ話すわけにはいかない」
「今は?」
「そうだ、今はだ・・・」
「僕に話してくれる機会が今後あるという事でしょうか?」
「勿論」

「・・・あんな話を聞いても私を採用して下さるんですか?」
「君の人格には関係ないだろう」

「私は死ぬまで加害者の息子なんです・・・それでも?」
「それがどうした?」

「特に何の取り得も無いし親は居ないし・・・それでも良いのですか?」
「その分君は辛苦を舐めて来たのだろう?
それを今後の人生に役立てたら良いのではないか?」

そう言われてもやはり自分が優遇される事を納得した訳では無かったが
こんな自分でも採用してくれると言うのだから、それに乗ってみようと思った。

「宜しくお願い致します」
そう言ってただ頭を深く下げるしか無かった。

拓海がそう言った途端に瀬田が相好を崩し
「そうか!決めてくれたか?」
そんな瀬田に釣られたように拓海が初めて笑顔を見せた。

「君の笑顔を初めて見たな」
「わ・私だって普通に笑いますよ・・」
そう抗議しながらも、自分が最近あまり笑ってなかった事を気づいた。

ひとりで生きて行く事に夢中であまり余裕が無かった気がする。

「就職が決まった祝いに飯でも食いに行こうか?」
採用する側が祝ってくれるとは思いもしなかった。
「社長って変わってる方ですね?」

「そうか?そんな事は無いぞ」
そう答える瀬田の背後から
「充分に変わってますよ」
今まで沈黙していた狭山が初めて口を開いた。

この長年瀬田の下で働いている狭山ですら
尾崎拓海を採用する本当の理由を聞かされてはいなかった。






ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



多くの拍手やポチ本当にありがとうございます!
凄く嬉しいです。

この世の果てで 9

 09, 2010 22:30
瀬田社長に連れて行かれた中華料理の店で拓海は
瀬田と二人で円卓に着いた。
「あの・・秘書の方は一緒ではないのですか?」
「ああ、あいつはまだやる事が残ってるらしい」

瀬田は狭山に拓海の父親の件を調べるように指示していた。

「さぁ、若いんだから好きなだけ食べて」
「はい、頂きます」
定番だが拓海はエビチリがとても好きだった。
だが本格的な中華料理を早々食べる機会など無かった。
母が元気な頃はよく食卓に出たりはしたが、それも素人の作る物だ
こんな豪華な海老など普通家庭では使わない。

エビチリを美味そうに食べる拓海に微笑みながら
「好きなのか?」と瀬田が聞いてきた。
「えっ?」一瞬何の事なのか判らなくてぼうっと瀬田の顔を眺めてしまった。
「エビチリ好きなのか?」
もう一度聞かれ、何故か急に恥ずかしくなって
「あ・・はい、好きです」と答えたが、自分の顔が赤くなってないか心配だった。

「俺の母が・・あ、私の母が元気な頃によく作ってくれました」
「俺でいいよ。そう・・お母さんは君を愛していたんだろうね」
「はい・・・大事にしてくれました」

父のことでいつも自分に詫びていた母だった。
『拓海の人生を狂わせてしまったね、ごめんなさいね』
病院に見舞いに行く度にそう言って目頭を押さえていた母だった。

「尾崎君はモテるだろう?」
暗くなりそうな拓海に話を変えるように瀬田が話しかけた。
「全然もてませんよ」
気の利いた言葉も言えないつまらない自分など好きになってくれる子など居なかった。
「君は自分を卑下し過ぎだ」
「そんな事は無いです、自分の事は自分が一番知っていますから」

瀬田は目の前の青年の端整な顔を見ながら
「君は磨けば光る逸材だよ」と言う。
「あの・・やはりこういう仕事だと・・もう少し身なりに気を付けた方が良いですよね?」
拓海は普段から全く流行に左右されないような格好をしていた。
そういう物が嫌いな訳では無かったが衣服費は最小限に抑えておきたかっただけだ。

「君はもっと濃い色の方が似合いそうだな」さりげなく瀬田が言うと
「濃い色は褪せやすくて・・・・あは・・貧乏性ですね」
自分で言ってて拓海は恥ずかしかった。
「いや、物を大事にする事は良いことだよ」

今まで自分の周りにそんな拓海を笑う者は大勢いたが
誉められた事などなかった。
「そういえば、うちの会社の財布を持ってたよな?もう一度見せてくれるか?」

上着のポケットから財布を取り出し、瀬田に渡した。
「本当に大事に使っているんだな・・・」
よく手入れさてた革だった。
程よく使い込まれ革の持ち味が出ている。

「これは君が自分で買ったのか?」
「・・・いえ、これは預かり物でいつかお返ししないといけないので・・」
「そうか大切な物なんだな」
「はい、大げさかもしれませんが、これがあるから俺は生きてこられた」


瀬田はあの日に自分の下で苦痛に顔を歪めながらも
受け入れた拓海の顔を思い出していた。
父親の件で本当に頼る親類縁者も居なかったのだろう・・
拓海が眠っている間にズボンのポケットから学生証を探し素性を調べさせた。

だがその時は父親の死因まで調べる事はしていなかった。





ランキングに参加致しました。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



多くの拍手やポチ本当にありがとうございます!
拍手の数が増えてるのを見ると「おおぉーっ」とPCの前で喜んでます。

この世の果てで 10

 10, 2010 00:00
「今日はご馳走様でした」
店の外で瀬田にお辞儀をする拓海に向かって
「送って行こう」と瀬田が声を掛けた。

「そ・そんな・・食事をご馳走してもらった上に、送ってもらうだなんて」
手を振って拓海が遠慮している。
「ついでだ」
「でも・・」
「それに話もある」
そう言われたらそれ以上遠慮は出来なかった。

だいたいの住所を教えると瀬田は車を走らせた。
「居酒屋とコンビニに掛け持ちじゃ大変じゃないか?」
「もう慣れました」
中学高校と新聞配達のアルバイトもした拓海にとっては、そう大変な事では無かった。

「尾崎君は本当に真面目で働き者だな」
「い・いえ・・そんな事ないです、普通です」
「そんなに忙しくしてたら彼女作る暇もないな」
「彼女なんて・・・僕には贅沢です」

「尾崎君の場合は彼女ってよりも彼氏って感じもするけど?」
揶揄するように言う瀬田の言葉に拓海の体が強張った。
「そ・それはどういう意味ですか?」
その顔は強張り、血の気が引いていった。

「あ、悪い悪い深い意味は無かったんだ・・本当にすまない」


「誘ってんの?」
あの時街をふらついていた時に何度か言われた言葉を思い出した。

「俺は・・誘ってなんかいません!」
つい拓海はそんな言葉を吐いてしまった。


瀬田が黙って車を路肩に停めた。
「尾崎君・・そんなに傷つけるつもりは無かったんだ・・」
拓海は5年前と今が重なってつい言われてもいない事に腹を立ててしまった自分に気づいた。

「あ・・・俺こそ・・ごめんなさい・・・」
だけど一度陥った錯覚を完全に取り去る事は出来なかった。

5年前のあの夜は辛い思いをしても泣けなかった。
自分が泣けば病気の母が悲しむ・・そんな気がして涙を堪えていた。

それなのに今頃になって涙が出てきてしまった。
5年の歳月を経た悲しみが今頃襲って来た。

黙って唇を噛み涙を零す拓海を瀬田は見ないように顔を逸らした。
今、尾崎の涙を見てしまったら、5年前に君を買ったのは自分だと
告白してしまいそうだったからだ。


あの日、瀬田は知人の見舞いに病院に行っていた。
帰り際会計の横を通る時に
「明日までに10万円用意して下さいね」と冷たく言う事務員の声が耳に飛び込んだ。
その事務員が言っている相手はまだ高校生くらいの少年だった。

肩を落とし、不安な顔をしているその少年の事が気になって瀬田は後をつけたのだった。
何故自分がそんな事までしたのかは、自分でもよく判らなかった。
危なっかしくて見ていられなかったのも本当だが、
もしこれが尾崎では無い少年だったら、そのまま見過ごしたかもしれない。

秋の夕暮れはあっと言う間に闇に変わってしまう。
一度鞄を置いて来たのだろうか、白いシャツにズボンだけの少年の姿は
夜の街に溶け込むことなく、その姿を浮き彫りにしていたようだった。

何人かの男に声を掛けられ、驚いたように場所を移動している。
瀬田は気づかれないように、その姿を見守った。

だがこれ以上闇が深くなると危険が及ぶかもしれない。
それほど、その時の尾崎は儚く、そして美しかった。

2時間しても尾崎がその場を離れる様子がなかったので
思い切って瀬田が声を掛けた。

「僕を買って下さい」その言葉に驚いたが
自分が拒めばどんな輩に身を投げるか判ったもんじゃない。

そして瀬田は尾崎をホテルに連れて行った。






お礼の意味も込めまして、9話10話と短い間隔での更新です。
いつもご覧頂きありがとうございます。


ランキングに参加しています。
ぽちっとして下されば嬉しいです。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



WHAT'S NEW?