FC2ブログ

【それぞれのクリスマス】おまけ 前編

 28, 2010 03:34
「なあ紫苑俺のクリスマスプレゼント気に入った」
「気に入りません!」
「どうして?俺は3日3晩考えてやっと決めたのに、種類が多いから選ぶの大変なんだ」
「それを無駄な努力って言うんですっ!」
珍しく語気の強い紫苑に、それ以上掛ける言葉もなく紫龍はうな垂れる。

「今夜から寝室を別にします、僕は和室で寝ますから、絶対入って来ないで下さいね。
もし入って来たら・・・」
「入ってきたら?」
「・・・実家に帰らせて頂きます」
そう宣言すると紫苑は自分の枕だけを抱えて、二人の寝室を出て行った。

「はぁ・・・」深い溜息を洩らしながら紫龍は小さく舌打ちをする。
こんな筈じゃなかったのに・・・何処で間違ってしまったんだろう?


「はぁ・・っ」
「溜息吐いている暇があったら、書類に目を通して下さいよ」
社長室で浅田に再三小言をくらってしまい、また溜息を零す。
「クリスマスプレゼントに大人の玩具なんか贈るお前が悪い」
「紫苑に何が欲しいか聞いても、何も要らないって言うばかりで・・・
ネットで色々探していたら、つい・・・・喜ぶと思ったんだよ」
「本当にお前の脳みそは・・・呆れて物も言えない」
ついに浅田は秘書室長という立場から長年の友人の口調に戻った。

「紫苑が物を欲しがらないのが悪いんだ」
「あの子は一番欲しかった家族ってのをお前から貰ったから、
もう何も望む物は無いって以前言ってたぞ」
「えっ・・・浅田ぁそれを早く言ってくれよ」
この情けない男が、何度も言うようだがここ株式会社DOMOTOの社長、堂本紫龍だ。

「明日から正月休みに入るって言うのに、このままじゃ家庭内別居だ」
もう3日もまともに口を聞いてもらえない紫龍だったのだ。
「何、まだ寝室は別のままか?」
本当は浅田はおかしくて笑い出したかったが、必死に堪えていた。
切れ者と社内外で名が通っている堂本が紫苑を前にすると歯が立たない。
「2・3日他所に泊まったらどうだ?」浅田の斬新な提案に驚き顔を上げた。

「お前が折れて謝り倒すか、意地を貫くかどっちかだな?」
「・・・意地を貫き通す!」
堂本の単純さに浅田は内心『拗れるだけなのに、馬鹿め』
と思っていたのを紫龍は気付いていない。

「では私から紫苑君には連絡を入れておきましょう」
平然とそう言う浅田に紫龍も平静を装って
「ああ、宜しく頼む」と張らなくていい意地を張ってしまった。

早速浅田は総務部福利厚生課を内線で呼び出した。
タイミングの良い事に紫苑が電話に出る。
「あ堂本君、浅田だけど、今日から2日ばかり社長は私用でホテルにお泊りです」
「え、ホテル・・私用ですか・・?」
「そのようですので、お帰りを待つ必要はありませんから、では」
あっさりと浅田に電話を切られ、紫苑は呆然としていた。

「おい浅田、何だかややこしい事にならないか?」
「そうですか?どうせマンションに帰っても家庭内別居なんでしょう?
さぁそれよりも、こちらの稟議書先に目を通して下さいよ」
一瞬にして秘書の顔に戻れる浅田が羨ましくもあった。
「おい、浅田、紫苑一人で帰れるか?」
「もうりっぱな社会人です、帰れない方がおかしいでしょう?」
「おい、晩飯はどうするんだ?」
「い・い・か・げ・ん・にして下さいっ!!」
「ちっ・・・・」
諦めて紫龍も渡された稟議書に目を通すが、内容なんか頭に入っては来ない。

一方浮かない顔で電話を切った紫苑を見て沖田が声を掛けた。
「どうしましたか?」
「いえ・・・すみません私用です」
「何か悩みがありそうな顔をしていますが?私でよければ相談に乗りますよ?」
「いえ・・・あの・・いいです、すみません」
こんな事を他人に話せる訳は無かった。

自分も意地を張りすぎてしまったのだろうか?
紫苑は内心そう思ったが、逆に2日も外泊するという紫龍に小さな怒りも隠せなかった。
紫龍さえあんな物を寄越さなければ、こんな事にはならなかったのに・・
『はっ?』もしかして、紫龍は自分との行為に満足していない?
だからあんな物で刺激を得ようとしているのかもしれない・・・

結局1日憂鬱な気分で過ごす羽目になってしまった。
帰り際「飲みに行きましょうか?」
と沖田に誘われたが、また飲んでしまうと大変な事になりそうだと思い、沖田の誘いを断った。
「そうですか、残念ですね、では良いお年を」
本当に残念そうに言う沖田に恐縮しながら紫苑は会社を後にした。

久しぶりに一人で電車で帰らなければならないのだ。
そして部屋に帰っても今夜は紫龍はマンションには帰っては来ない・・・
定期を持たない紫苑は携帯電話の機能を使って改札を通り抜けほっと一息吐いた。
便利な機能だ・・・切符の購入に戸惑う事も無く電車に乗れた事を少し嬉しく思った。
考えてみれば大学時代は電車で通学していたのだ、
どれだけ今の自分が紫龍に甘やかされているのか?
通勤ラッシュよりも少し早い時間だったから、紫苑はもみくちゃにされる事も痴漢にあう事も無く最寄の駅で電車を下りる事が出来た。

『僕だってもう立派な社会人なんだ・・・』
だがそんな紫苑から少し離れた所に立つ一人の中年がいた事に紫苑は気付かなかった。
紫苑が会社を出た時からずっと紫苑の後を付けていたのは、紫龍の運転手の黒木だ。
「もしもし、はい紫苑さまは無事駅に到着されました」
その電話の相手は言わずもがな・・・
「あ、何だか駅ビルの中に入って行かれました、はい、はいでは又後で」
そう報告すると黒木は電話を切り紫苑の姿を見失わないように後を付けた。

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



やはり、紫苑も仲間に入れましょう、と思ってのおまけのSSです・・・
が通常文字数1話では終わりませんでした^^;
続きます(笑)

関連記事

COMMENT 14

けいったん  2010, 12. 28 [Tue] 08:46

クリスマス千夜一夜物語

kikyouさま宅では 毎夜 kikyou様の息子さんや息子君たちが 登場の豪華なクリスマスですね~♪
最後は やはり 紫苑と紫龍ですか!

脳内が "紫苑菌"に侵されている紫龍の おバカなプレゼントに続き おバカな行動には もう 私も お口アングリ~(´д`:)
早く 仲直りして欲しいなぁ~(ToT)/~~~byebye☆




Edit | Reply | 

ちこ  2010, 12. 28 [Tue] 09:05

無駄な努力の人

紫龍さんってホント無駄な努力が好きですよね~(^-^)紫苑ちゃんへのプレゼントというより自分へのプレゼントなのでは?と思ってしまいました(笑)無駄な努力と無駄な意地で自らの威厳は地の底まで・・・(笑)ホントはカッコいい紫龍さんの後編の活躍に期待します\(^O^)/

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 28 [Tue] 13:41

Re: クリスマス千夜一夜物語

けいったんさま


タイトルの「クリスマス千夜一夜物語」凄い素敵~
あぁこんなタイトルにすれば良かったぁ^^;

クリスマスには登場させないと思っていたのですが、
やっぱ紫苑あっての箱庭ですので・・と思ってSS書き始め
続くになってしまいました。

紫苑菌(笑)
相変わらずの紫龍です。
毎回「本当は紫龍格好いいの」と言い続けている作者の好みに反した事ばかりやってくれちゃいます。
仲直りの方法はアレしかないのか?(笑)

コメントありがとうございました。

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 28 [Tue] 13:43

Re: 無駄な努力の人

ちこさま

こんにちは。無駄な努力の人(爆)

本当に毎回やってくれます紫龍。
構ってちゃんなのでしょうね。

挙句の果てはプチ家出的な行動。
すっかり面白がっている浅田に乗せられている事など気付かずに^^;

さて、この後の展開をどうしましょう?(笑)

コメントありがとうございました。

Edit | Reply | 

-  2010, 12. 28 [Tue] 17:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

NK  2010, 12. 28 [Tue] 19:01

実家に帰ります

この言葉を紫苑ちゃんから聞いてみたかったのです。
わーぃ、言ってくれた(笑)

kikyouさま、けいったんさま 質問です。
脳内が"紫苑菌"に感染してしまうと、紫龍さんのような困ったちゃん
症状が出るのですか?
感染すると癒しオーラを撒き散らすのかと思っていました。
この症状がでたら特効薬はあるのですか?

Edit | Reply | 

かや  2010, 12. 29 [Wed] 12:11

きゃあ~♪

わーい、紫苑ちゃんも登場♪
そりゃあねえ、あんなもの呉れても困るよねー。
あ、うち、誕生日に、ダンナにあげたわ(爆)
だって、何が欲しい?って聞いたら、エログッズ、って言うんだもん。バカチンめー。

実家に帰ってやればいいのに。
紫龍さんの実家(笑)
迎えに行ったら、苛められるでしょうねwww
浅田さんにも、完全に遊ばれてる(笑)
社長の威厳、チリほどもないですね~。
ホントに、いつ、カッコよくなるのかしら?
作者さまが、あんなにカッコいいのに~(≧∇≦)
(1本も2本もいりませんよ~!)
続きお待ちしてますう(はあと)

Edit | Reply | 

けいったん  2010, 12. 29 [Wed] 12:31

NKさま、お答えします

”紫苑菌”に 侵されるると...
もちろん NK様が 言う様に 紫苑の癒しオーラで 心は 暖かく優しくなるのは 折り紙つきです!!

がぁーー、それが 紫龍みたいに 過度に侵されていると...1、 片時も 離れたくない依存 2、異常な過保護 3、黒こげの焼き餅 4、仕事に身が入らない 腑抜け状態 5、妄想が止まらなくて 彷徨える思考...などなど 数え挙げたら限が無いったら ありゃしない。。。のですよ、NKさまぁーー!!

コホン、 ですから この菌は 適度なら 毒蛇に咬まれた時に 使う”血清”のような効果は あるのです。あるのですが、過度の摂取は 先ほど 挙げた症状を 発症するわけなんですよねー。
コレは 社会&日常生活に 非常に支障をきたすのですよ。
ここまで お分かりな NKさま?

では "特効薬"ですが、これが 至って 実に簡単なんだなぁ。
それは・・・紫苑の【LOVE 注入~❤ by○ しんご風で】!
NKさまも もう お分かりでしょ! "LOVE 注入~❤"...まぁ 厳密に言えば 紫龍が 紫苑に LOVE 注入~❤では ありますが...まっ そこは 心は...って事で...ホレ!(;゚Д゚)ノ⌒゚+。☆愛☆。+゚...by けいったん助教授でした。<m(__)m>
kikyou教授、これで 宜しかったでしょうか(^_-)-☆

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 29 [Wed] 13:08

鍵コメ koさま

こんにちは。

「実家・・・」おお!
いえいえ、充分に素敵なお子たち、未だ合体なしが少し引っかかりますが(笑)
差なんか無いですよっ!

それぞれの作者の世界で生きている可愛い子たちです(お互いに^^)

来年こそは進展がありますように願っています!

コメントありがとうございました。

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 29 [Wed] 13:23

NKさま

こんにちは。

聞きたかったですかっ?!「実家に帰ります」

でも実家が・・・紫龍の実家ですからねぇ。(笑)

質問の回答が入りましたので、それは確認下さいませ(笑)

はぁ・・・いつになったら格好いい紫龍が登場するのか、
毎回の課題です。

後編・・・夜になりそうです。

コメントいつもありがとうございます(^o^)丿



Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 29 [Wed] 23:11

かやさま

こんばんは。

女紫龍!かやさん(笑)
そしてもう要らないとな・・・・残念

実家は紫龍の実家だし。
「俺も実家に帰る」って言えばよかったのに^^;

そう、浅田は紫龍で遊んでいます。
どう転んでも紫苑と紫龍が別れる事はないと思っているので
少し意地悪ですネ。


さて、早く書かないと、年末になってしまう。

コメントいつもありがとうございます。

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 29 [Wed] 23:17

Re: NKさま、お答えします

けいったんさま

凄い!!私の言う事など無い説明です!
てかそうだったのか・・・・(笑)
本当に詳しい説明ありがとうございます。

NKさま、ご覧になりましたか?
パーフェクト回答です。

けいったん、ありがとう~(●^o^●)

特効薬に関しては私も判ります(笑)
やっぱあれでしょう?
はぁ・・・でも特効薬を使う機会はあるのか?
本当に困ったちゃんです、紫龍。

今年もあと残す所少しなのに、おまけが終わってない^^;
頑張ります。

コメントありがとうございました。

Edit | Reply | 

紫猫  2010, 12. 30 [Thu] 22:32

むふふ( ´艸`)二人ともかあいいですねぇ~
紫苑ももちろん可愛いですけど紫龍の変なところの意地が好き~♪
でもそんな小さな意地の張り合いが大きな事件を起こさないようにして欲しいです…それだけはほんっとに、(`Д´)なんか馬鹿みたいですからw
でも、クリスマスに大人の玩具って…w(´m`)ばかわいいですねww
そりゃ紫苑も怒るわ~www

Edit | Reply | 

kikyou  2010, 12. 31 [Fri] 23:10

紫猫 さま

こんばんは。

一番書きやすい話を自分で難しくしている(笑)
普通贈るか?!クリスマスにそんな物って感じなのですが

本当に紫苑に物欲が無くて・・
というか、自分の中で贅沢だと思っている品は人に伝えられないんですよね。
ある意味頑固なのかもしれません^^;

結局自分の欲しい物を贈った紫龍・・・あははアホですねぇ(笑)

楽しんで下さって何よりです。

コメントいつもありがとうございます(#^.^#)


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?