FC2ブログ

悲願花

 04, 2011 00:00
「おーい、千夜ー!」
「譲二さん?」
「2年ぶりだね、千夜……また綺麗になったな」揶揄する大男は、アメリカ人と日本人とのハーフである氷室譲二(ひむろじょうじ)。
そして速水総合病院の廊下で思いっきりハグされているのは、この病院の事務員兼院長秘書の千夜である。

「ちょっと譲二さん、ここは日本ですよ」譲二の大胆な行動を咎める千夜の耳元で「ドクター速水がヤキモチ妬くかな?」と揶揄する。
はっきりと口に出して言われた事はないが、すっかり速水との関係がバレていそうだった。

「それより、どうして?」
「あれ?千里から聞いてないのかい?来週からこの病院で勤務する事になったんだよ」譲二は両手を大きく広げ、肩を竦めてみせる。
相変わらず仕草はアメリカ人である。いや流暢な日本語さえなければ何処から見てもアメリカ人だ。

弟千里は手術の後、半年をアメリカで過ごし森川の妻と一緒に帰国し、千夜と一緒に暮らしている。やっと平穏な生活が千夜兄弟に訪れ、その生活を兄弟仲良く満喫していた。
千里は現在、介護福祉士の資格を取得する為に勉強をしている。

「今日からお世話になるよ、宜しく千夜」改めて譲二に右手を差し出され、千夜も歓迎の笑みを浮かべ握手を返した。
「荷物は今日届くから……」
「は……い、何処に?」
「え、千夜のマンションに決まっているだろう?いやー楽しみだな。千夜と千里との3人の共同生活……うん楽しみだ」
勝手に盛り上がり院長室に向かって歩き出す譲二の後を慌てて追った。

「あのー譲二、俺には意味が……?」
「あれ?千里から聞いてないのか?そうかそうか、千里は忘れっぽいからなぁ」
豪快に笑われ、千夜は戸惑いながら大股で歩く譲二の背中を茫然と見ていた。


渋い顔の速水が神経質そうに机をトントンと指で叩いていた。
重苦しい沈黙に、千夜は掛ける言葉を探している。
その時ドアが軽快にノックされ、勢いよく千里が飛び込んで来た。
「ジョージ!」
「千里、会いたかったよ」千夜の時よりも、がっつりと体が絡み合っているように見える。
この1年半の間に、二人が直接会う事は無かったが、メールや電話で頻繁に連絡を取り合っていたのは、千夜も知っていた。
だけど、二人の抱擁を見ていると患者と移植アドバイザーという関係を超えているようにも感じてしまうのは自分が、速水とあんな関係にあるからなのだろうか?などとぼうっと千夜は考えていた。

「どういう事だ?」速水が千夜の腕を引き寄せ耳元で囁くように聞いて来た。
「俺にも何が何だか……」
速水が譲二に用意すると言った部屋を「宛てがある」と断ったらしかったが、その宛てが千夜のマンションとは聞いて驚くしかなかった。

「兄貴……ごめんね、内緒にしていて」
千里に改めて謝られてしまえば、千夜も弟に甘い兄だ、拒絶する言葉は出ては来なかった。
だがあの部屋は速水に用意してもらった部屋、勝手に同居人を増やすのも躊躇われた。
「あ、ああ……」自然と千夜の歯切れも悪くなる。
部屋の持ち主の件は千里にも話してある事だった。
だが速水との関係は詳しくは言えなかった……

「速水院長、いいですよね?ジョージもこの病院に勤務するんだから……」
千里が速水に向き直りそう確認してきた。
速水は苦虫を噛み潰したような顔で「まあ、いいだろう」と諦めたように答えた。千夜と同様に速水も千里には非常に甘い。

譲二が小さくガッツポーズをするのを千夜は、見逃さない。
千夜には今ひとつ、譲二の考えている事が理解できなかった。
「千夜、改めて宜しくー」そう言うと譲二はもう一度千夜を強く抱きしめた。
譲二にハグされながら、速水と視線がぶつかった。
(あぁ怒っている……)患者に対してはポーカーフェイスなのに、千夜には分かりやすい顔を見せる速水だ。
速水の不機嫌さをこれ以上酷くしない為に、千夜はそっと譲二の胸を押すようにして離れた。

千里の話だと、午前中に譲二の荷物が届いたらしい。
今更その荷物を何処かに運び出せとは、速水も言えない。
挨拶だけで勤務は来週からの譲二と、迎えに来たであろう千里が居なくなると、途端に速水の態度が変わった。

「千夜、今夜きっちり落とし前を付けてもらうぞ」速水は医者らしからぬ言葉で千夜を責める。
「え……だ、だって……」
千夜とて何も知らなかった事なのに、その責任を取れと言う速水に文句を言っても通用しないのは、ここ2年半近い付き合いで充分に分かっていても、つい言い訳がましい言葉が零れてしまう。
速水の言葉の意味は簡単に察する事は出来る。すっかり速水の色に染められた体が少しだけ夜を待ち遠しいと疼くような気がした。



日本ブログ村とFC2のランキングに参加しています。
ポチっと押して下されば嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


■ちょっと番外を書いてみました。何話になるかは不明です。



関連記事

COMMENT 2

甲斐  2011, 07. 04 [Mon] 12:29

わーい、番外だ~!
うれしいです

それにしても千里くん、結構積極的だし思いの外策士?

なんにも知らない千夜ちゃんだけが
何の責任をどんなふうに取らさせるのやら・・・
せんせーお手柔らかに

Edit | Reply | 

-  2011, 07. 04 [Mon] 22:02

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?